ホーム > 出演アーティスト > ヨハン・サラ・Jr

ヨハン・サラ・Jr

From

ノルウェー

OfficialSites

1963 年ノルウェー、フィンマーク地方カウトケイノ生まれ。同地方マーズィ在住。『Mino Mono(2008)』は、トルコのトラッド・フォーク・ミュージシャンと制作したものです。『Orvos (2009)』は、自身のバンドの演奏で、ジャズ・ミュージシャンを迎えて制作したものです。ヨイカーでありプロディーサーでもある彼は、自身のCD制作において、ヨイクをジャズやエレクトロニカなどで展開するバンド・プロジェクトと、異文化のトラッド・フォークとヨイクを融合するプロジェクトの2つを軸に活動を行っています。他にもサーミ・ユニバーシティー・カレッジでの教鞭や伝統的ヨイクの録音、サーミ・オペラの作曲を行うなど、サーミ文化においてヨイクを生きた音楽として現代に読みかえていく重要な役割を果たしているといえます。2000年にはユーロビジョン・ソング・コンテストで紹介され、最近ではサーミ・ミュージック・アーティスト2009に選ばれるなど国内外で注目を浴びているヨイカーの一人です。日本では、「ワールド・ミュージック・タイム」(NHKFM、2006年1月)「weekly jam」(FMなばり、2007年9月)、「ワールド・ミュージック・パラム」(FM大阪、2009年5月)などで広く紹介されました。2010年9月に初来日し、CDジャーナル、イントキシケイト(Tower Record)などの取材を多数受けました。また、東京でのコンサートに来場した作曲家・梶浦由記のアルバム『FICTION II』に参加する事になり、日本での活動の幅を広げています。

アーティスト一覧へ戻る

ボランティアスタッフ募集

Daily Weather Reports in Hakodate